再生医療

ACR療法(PRP注入)

ご自身の血液を使用するのでとても安全です。


ACR療法(PRP注入)とは再生医療の一種で、自己の血液中に含まれる血小板を注入することにより皮膚の若返りを図る最新の治療法です。
血小板とは血液成分の一部であり、ケガなどで出血した時に血管を修復する役割を担っております。この時にいろいろな細胞を活性化する因子が放出されます。その中に成長因子が含まれており、これがコラーゲンを増加させ、皮膚の若返りをはかるとされています。
細胞を活性化させて徐々に効果を発現させていく治療のため、ヒアルロン酸やコラーゲン注入に比べてすぐに効果は現れません。個人差はありますが、2週間から2ヶ月くらいをめどに効果が現れてきます。自己の血液を使用するため、アレルギーや感染の心配もなく極めて安全性の高い治療法といえます。
効果が高い部分は、目の周囲の小じわ、ほうれい線、にきび跡といわれております。


特定細胞培養加工物製造(PRP等)施設
受理日:2015年5月14日
施設番号:FC4150026

休診日:木曜日・日曜日・祝日
愛知県名古屋市中区金山2丁目1-22 Proceed KANAYAMA2 2F
©2008 たかみクリニック AllRights Reserved.